未分類

em factory出身の起業家を紹介

環境ビジネスコンテストを運営する学生団体として早稲田大学内で、2004年に設立された。環境サークルの1プロジェクトとして立ち上がったが、2011年からは独立団体として活動していた。大企業から協賛を集め、学生50名程度を全国から集め、合宿型のビジネスコンテストを約15年にわたり運営してきた。

かつてはアントレプレナーマインドがあふれる人材が集まり多くの起業家を輩出してきた。今回は、em factory出身の起業家を紹介する。

今回紹介する起業家の一覧

名前 社名 職歴
河瀬航大 株式会社フォトシンス
桂大介 株式会社リブセンス
五十嵐健佑 お茶の水循環器内科
小野詩歩 絶景ハンター
高橋秀彰 うむ株式会社
武田吉正 ネクストワン合同会社

スマートロックのリーディングカンパニー設立者

氏名: 河瀬航大

出身大学:
筑波大学理工学群化学類

現在の肩書:
株式会社フォトシンス 代表取締役

コメント:

1988年鹿児島県生まれ。鹿児島県立鶴丸高校を卒業後、筑波大学理工学群化学類進学。筑波大学在学中の大学2年より、em factoryに参画。代表として2009年にはビジネスコンテストを成功させると同時に、ブリジストンと早稲田大学が共同で運営するW-BRIDGEより研究資金を獲得し、コンテストの拡大に成功。卒業後は株式会社ガイアックスにてインターネット選挙のプロとして多数のメディアに出演。em factoryのメンバーであった、渡邊氏や熊谷氏と共同でスマートロックAkerunを開発し、同時に株式会社フォトシンスを設立。スマートロックのリーディングカンパニーとして日本のIoT業界をけん引する存在となる。

参照元

最年少上場で有名なリブセンスの共同創業者

氏名: 桂大介

出身大学:
早稲田大学理工学部経営システム工学科

現在の肩書:
株式会社リブセンス 共同創業者

コメント:

学生時代より個人事業主として、システム開発に従事。早稲田大学理工学部経営システム工学科に進学。在学中にem factoryの運営に携わる。早稲田大学在学中にリブセンス創業者の村上太一氏と出会い、リブセンスを共同創業。以後開発の責任者および取締役として同社の成長をけん引。最年少の上場に大きく貢献。初の成果報酬型アルバイト求人サービスであるジョブセンスや、転職会議の開発をリード。リブセンスの成長を村上太一氏と同様にリード。

参照元

日本を代表する若手医師起業家

氏名: 五十嵐健佑

出身大学:
慶應義塾大学医学部医学科

現在の肩書:
お茶の水循環器内科 院長

コメント:

群馬県立高崎高校を卒業後、慶應義塾大学医学部入学。在学中にem factoryに参画しコンテストの運営に携わる。また、学生起業家としてもマルチな才能を発揮し、株式会社ライフケアパートナーズ代表取締役、株式会社ブレイクルーラボラトリー代表取締役もつとめる。医師国家試験に合格し、慶應義塾大学医学部を卒業後は主に医療領域で活躍。日本を代表する若手医師起業家である。

参照元

「死ぬ前に行きたい世界の絶景」の製作者

氏名: 小野詩歩

出身大学:
早稲田大学人間科学部

現在の肩書:
絶景ハンター

コメント:

浜松南高校を卒業後、早稲田大学人間科学部へ進学。大学2年次より、em factoryに所属し、2010年の環境ビジネスコンテストには副代表として活動。卒業後は、大手広告代理店のインターネット広告を扱う子会社に入社。新入社員研修で、「死ぬ前に行きたい世界の絶景」のFacebookページを作成。大学卒業時に、オーストラリアの海外旅行で交通事故にあい、ヘリコプターで搬送されるほどの大けがをおった体験から死ぬまでに絶景を見たいという思いから誕生。Facebookページが開設まもなく数十万PV集め、一躍インフルエンサーとなり、独立。のちに法人化し、死ぬまでに行きたい世界の絶景は累計60万部を超える売上をあげる。大手企業やテレビ番組ともタイアップし、絶景ハンターとしても活躍。地方自治体からもインフルエンサーとして地域振興に一役買っている。

参照元

アメフトのスター選手からオーガニック農家へ

氏名: 高橋秀彰

出身大学:
早稲田大学教育学部

現在の肩書:
うむ株式会社 代表取締役

コメント:

早稲田大学高等学院在学中から、アメリカンフットボールでスター選手として活躍し、関東選抜に選ばれる。早稲田大学には2回入学し、2回目の在学中に、em factoryに出会い参画。在学中よりベンチャー企業に参画し、D2Cバッグメーカーやその後大手人材会社を経て、個人事業主として農業をはじめる。兵庫県にてオーガニック農業を展開し、品質の高い農産物を生産。

参照元

ヘルスケア分野で父親とともに事業を展開

氏名: 武田吉正

出身大学:
慶應義塾大学医学部

現在の肩書:
ネクストワン合同会社 代表取締役

コメント:

東京都文京区白山生まれ。大手製薬会社の家に生まれ文京区立誠之小学校を経て、慶應義塾中等部に入学。在学中は将棋部に所属。慶應義塾高等学校に進学後はバスケットボール部に所属。慶應義塾大学経済学部に進学し、経済新人会に所属。em factoryに出会い、2010年には代表を務める。卒業後は新卒1期生として、株式会社リブセンスに所属。営業を経て、新規事業立ち上げに携わる。新卒採用でも活躍。ネクストワン合同会社を設立し、ヘルスケアにかかわる事業やインターネット広告運用事業を展開。福祉の分野の起業家の父親とともに親子で事業を展開。

参照元

em factoryは環境ビジネスコンテストから別活動へ

現在、emfactoryは環境教育団体として、活動方針を転換し活動を続けているようです。